2019年6月27日木曜日

2019年出品予定作品

2019年東京黒百合展は、9月30日から10月6日、銀座アートホール2Fで開催の予定です。
その展覧会に出品予定の作品ができました。
今年は、念願のコラージュに挑戦しました。
例年発表してきたフラクタルCGも素材の一つとして加えた。
題名「Constructions」
大きさB1(1030x728mm)、プリント(イーワン大判プリントサービス



今回、コラージュに挑戦できたきっかけは、5年以上前に使っていたPhotoshopとIllustratorがWindows10で使えるようになったからです。

作品への想いと素材について記録しておく。
映画「マトリックス」の前半、主人公が液体の入ったカプセルの中に繋がれてエネルギーを供給するだけの存在が現実世界とする不気味な設定。そして、そんな人間が無数にいる世界を生々しく描写した一コマは、記憶に焼き付いている。
素材に使った3DCADのゼブラ効果画像は、そんなマトリックスに繋がる素材と感じている。パイプの形や色などが類似しているように思う(私だけかもしれない)。
コラージュに取り入れた写真は、6枚であるが、そのうちの3枚は、最近ニュースで話題の国や人物である。
そして2枚は、私が、好きな池田満寿夫とジョセフ・コーネルの作品である。
あともう一枚は、趣味の一枚である。エロス、性など。
この画像は、Photoshopでレイヤー効果「差の絶対値」を使った。
最後にフラクタル画像「Construction01」を配した。
Illustratorは、3枚のレーヤー構成で
1.3DCADて作ったゼブラ効果画像、そのゼブラ効果を線で輪郭をなぞったりした。
2.上記1を下図にパイプだけを作成したもの。
3.グラッフィクスタイルを使った画像。
それぞれ3枚をPhotoshopに取り込んで作品を構成した。
最後になるが、作品題名の「Constructions」は、2018年に作成したフラクタル画像のタイトルで、構造物、建造物を思わせる画像なのでつけた。またコラージュは、素材の構成が面白い技法なので、この名前ににもフィットすると思う。
2019/06/27







2018年6月15日金曜日

2018年出品予定作品

2018年東京黒百合展は、10月1日から10月7日、銀座アートホール2Fで開催の予定です。
その展覧会に出品予定の作品ができました。
今年は、コラージュに挑戦しようと思っていましたが、なかなか難しいようだ。
今年もまた昨年同様フラクタCGを出品します。
今回のテーマは、「Metal Link」
金色に輝く金属のイメージがCGによって出現する。
その構造は、お互いに結合し何か数学的図形の様であったり、循環器を思わせる結合であったり不思議な世界だ。
丁度、NHKコズミックフロントの番組で鉄よいも重い原子は、通常の星の爆発では形成されず、中性子星どうしが合体し大爆発によって形成し、宇宙空間を漂ってこの地球までやってきたものと位置づけているようだ。よって「金」などは、太陽系以外からの漂流物と考えられている。宇宙の神秘、ロマンを感じる。

作成ソフト 
Mandelbulb3D189.exeは、下記からダウンロードできます。

http://www.fractalforums.com/index.php?action=downloads;PHPSESSID=21c628e52b00571b932536803d136d46


2016年9月14日水曜日

2016年作品

2016年10月 東京黒百合展出品作
東京黒百合展  10/3~10/9  銀座アートホール2F

題名:巨大処理工場 CG B1
作品コメント:
 連結された無数に並ぶ得体のしれない機械、何を処理し何を生産しているのか。不思議な光景である。


2016年5月 合同展 出品作
5月30日~6月5日 銀座アートホール2F

捕食生物 CG B1
浮遊する生命体 CG A3
進化した生命体 CG A3


印刷は、下記:印刷品質良好
イーワン EPSON純正大判プリント

Parameter

2016年作品

2016年10月 東京黒百合展出品作
東京黒百合展  10/3~10/9  銀座アートホール2F

題名:巨大処理工場 CG B1
作品コメント:
 連結された無数に並ぶ得体のしれない機械、何を処理し何を生産しているのか。不思議な光景である。


2016年5月 合同展 出品作
5月30日~6月5日 銀座アートホール2F

捕食生物 CG B1
浮遊する生命体 CG A3
進化した生命体 CG A3
 

印刷は、下記:印刷品質良好
イーワン EPSON純正大判プリント

Parameter

2015年9月2日水曜日

2015年東京黒百合展 出品作

2015 東京黒百合展が10/5より10/11めで銀座アートホールでは始まる。

 今回の作品は、NHKBSの「宇宙創成」、「多次元宇宙」、「最新物理学」を取り上げた番組で宇宙が泡のように次々に生まれては消えていくという仮説に興味を覚えた。そんな宇宙の誕生をFractalソフトで作成してみた。


 題名:誕生 種類:CG 号数:B1
 作成ソフト:Mandelbulb3D189.exe
 作品コメント:宇宙誕生の解明が近づきつつある。有力な仮説の一つに泡のようにいくつもの宇宙が誕生しては消えていくと云うのがある。そんなイメージを選んでみた。

リンク先には数点の関連画像があります。
Parameter